少林寺拳法 福岡中央道院

練習のご紹介

ここでは、福岡中央道院での少林寺拳法の練習についてご紹介します。

少林寺拳法に興味のある方、何か運動を始めたい方、経験者で拳法を再開したい方、まずは、道場を覗きに来てください。見学は随時受け付けています。練習の場所と時間は、こちらをご覧ください。

一般部の練習(前編) 一般部の練習(後編) 少年部の練習

始めの礼:まずは、「お願いします」と合掌礼。

気合を出す:お腹の底から大きな声を出すことで、気持ちを集中し、やる気を高めます。

 

基本練習:基本の突き・蹴り・受け・構え等の練習です。上段突き!

 

中段突き!
ハイ、そこで止まって!前面の鏡を見て、どこが違うか自分の体勢をチェックします。 相対練習:胴を付けて思い切り蹴る練習もします。体格の違う相手にも、チャレンジ!

 

技法の練習:各自の級・段に別れての練習です。まず先生がお手本を見せてくれます。

 

作務:練習が終わったら、道場の掃除をします。先生も一緒に、雑巾がけ。
ホッと一息。汗をかいた後の一杯のお茶って、どうしてこんなにおいしいんだろう。 演武の練習:大会出場に備えて、居残りして演武の練習に励む二人。

 

ウッ・・・お見事。本気で突き蹴りすると、やられる方も大変です。 アドバイスをもらったら、合掌礼。礼儀を学ぶことも修行の一環です。熱心な拳士のがんばりにはどこまでも付き合う、先生でした。

Copyright © 2008 少林寺拳法 福岡中央道院, All rights reserved.