少林寺拳法 福岡中央道院

練習のご紹介

ここでは、福岡中央道院での少林寺拳法の練習についてご紹介します。

少林寺拳法に興味のある方、何か運動を始めたい方、経験者で拳法を再開したい方、まずは、道場を覗きに来てください。見学は随時受け付けています。練習の場所と時間は、こちらをご覧ください。

一般部の練習(前編) 一般部の練習(後編) 少年部の練習

脚下照顧:靴をそろえて道場に合掌礼をして入ります。

合掌礼:拳士同士合掌礼で挨拶を交わします。少林寺拳法の礼式はすべて合掌礼です。互いに拝みあいの心で行います。

 

準備運動:道衣に着替えて体をほぐします。 基本練習:基本の突き・蹴り・受け・構えなどの練習です。

 

道場の正面は全面鏡張りになっているので、自分の動きを見てチェックできます。 鎮魂行:座禅によって心を修め整える修行法です。少林寺拳法では肉体を鍛えるだけでなく、精神面も鍛え健全なバランスのとれた自己を目指します。

 

移動練習:基本の突・蹴に動きを加えた練習です。 受身の練習もします。バランスを失って倒れても、ダメージを受けずに受身を取れることは重要です。

 

相対練習:胴やフェイスガードをつけての突き・蹴り・受けの練習を行います。 相手が胴を付けていれば、思い切り突いても蹴っても大丈夫。

 

キックミットを使った蹴りの練習。ストレス発散にもなります。 衆敵練習:胴を付けた複数の相手に対して、自由に連続攻撃。

 

この他、一対一で乱捕り(安全な防具をつけて行い、学んだ技術をどの程度使いこなせるか試す運用法)を行うこともあります。

Copyright © 2008 少林寺拳法 福岡中央道院, All rights reserved.