少林寺拳法 福岡中央道院

少林寺拳法とは

少林寺拳法は、1947年、日本で誕生しました。

少林寺拳法の創始者である宗道臣(開祖)は強烈な戦争体験の中から、日本の将来を憂い、他人のことが本気で考えられる、自信と勇気と行動力と慈悲心をもった社会で役立つ人を育てたい、という人づくりの志を持ちました。

開祖は、人材の育成にはしっかりとした組織と教育システムが確立されていなければならないと考えました。

そこで、自らが習得していた中国の拳技などをもとに、男女や力の有無にかかわらず誰もが学べて、自信を得るのに有効で魅力的な技法を編み出し、「半ばは自己の幸せを半ばは他人の幸せを」という基本理念と一体となった教育システムを創り上げ、これを“少林寺拳法(SHORINJI KEMPO)”と名づけました。

詳しくは、少林寺拳法公式サイト

Copyright © 2008 少林寺拳法 福岡中央道院, All rights reserved.